弁理士について

  • HOME
  • 弁理士について

弁理士の主な仕事

弁理士の主な仕事

弁理士とは「知的財産に関する専門家」です。

  • 新しい発明をした
  • 新しいアイデアが生まれた
  • オリジナルのロゴやマークを作った
  • デザインを考えた
  • 音楽や文章を生み出した

上記のような際に特許権・実用新案権・意匠権・商標権など、知的財産権を取得したい方のために特許庁への手続を代行するのが弁理士の主な役割です。また、知的財産の専門家として「知的財産権の取得」の相談・自社製品を模倣された際の対策・他社の権利を侵害していないか?の相談など、知的財産全般の助言やコンサルティングを行います。

知的財産権とは

知的財産権とは

知的活動により生み出されたアイデアや創作物には財産的な価値が発生するものがあります。そういったものを「知的財産」と呼びます。
また、知的財産の中に特許権や実用新案権など、法律で規定された権利や法律上保護される利益に係る権利が「知的財産権」と呼ばれます。主な知的財産権は、以下のものがあります。

  • 特許権
  • 実用新案権
  • 意匠権
  • 商標権
  • 著作権
  • 回路配置利用権
  • 商号
  • 不正競争の防止
  • 育成者権

知的財産権を保護する必要性

知的財産には、様々な種類があります。種類により特許法・意匠法・著作権法など様々な法律により保護されています。知的財産とは、広義的に知的な創作活動の結果生み出されたものです。しかし、こういった知的創作活動による産物は他者に知られると模倣・盗用されやすいという特徴があります。

そのため、創作した人の努力の結晶である知的財産を適切に保護しなければ他者によって模倣・盗用され、創作者や開発企業の努力が水の泡となってしまい、本来受けるべきである利益や評価を受けられない可能性が高くなります。国内外でも模倣品や海賊版といった商品によって被害を受けている例は後を絶ちません。そのため、知的財産は正当な財産であるとして、正しく保護される必用があります。

弁理士に委託するメリット

特許や実用新案の観点から発明を的確に捉え、最適な権利を出願することが可能です。
特許権や実用新案権を取得する際には、権利範囲の策定が重要です。単に商品や技術などをそのまま出願するのではなく、商品や技術を特許・実用新案といった観点から捉えて適切に出願する必要があるからです。特許事務所クラスターでは、技術的素養、特許・実用新案への知識、裁判例の知識、特許実務経験を活かした出願を行います。

特許庁の審査に適切な対応を行うことで最善策を講じます。
特許権・意匠権・商標権を取得する際に特許庁の審査を受ける必要があります。これまでに同じアイデアが出願されていないか、似たデザインが出願されていないか、などが特許庁で審査されます。
似たデザインが発見された場合は、特許庁から「拒絶理由通知」という通知が送付されてきます。弁理士は、この拒絶理由通知に対して反論や適切な補正を行い、権利が取得できるように尽力いたします。

頻繁に行われる法律改正に対応し、知的財産に関する適切な助言を行います。
知的財産に関する法律は、ほぼ毎年のように改正されています。法律改正の動向を把握し、改正された法律を正しく理解して適切に対応することは、私たちのような、知的財産の専門家でない限り困難を極めます。最新の法律を把握し、法律改正時にも最新の法律に基づいた適切な対応が可能です。

特許事務所クラスター

特許事務所クラスター

佐賀市事務所TEL:0952-97-8038

〒840-0813
佐賀県佐賀市唐人1-2-2-1